ミラクルスイング 安定したスイングを手に入れるには

グリップを握るとヘッドが振動する特許技術のスイングトレーナー
振動がクラブの位置をわかりやすくし、正しいスイングの習得を助けます。
5種類の微振動が筋肉に刺激を与えて、スイングの習得効果を高めます。
さらに微振動が筋肉センサーを敏感にし(確率共鳴※)
筋肉に記憶させる効果を増幅します。
ミラクルスイングはこの確率共鳴(※)に着目して開発されました。
最先端の練習器具を是非お試し下さい。

ミラクルスイング

\ 新価格 /
19,800円(税別)

▼ご購入はこちらから▼
Amazon限定で販売中

製品仕様

名称:ミラクルスイング® (製品番号 MP-4)
材質:ポリカーボネート(蓋・底)/アルミ(本体)/スチール(シャフト)/ゴム(グリップ)
寸法:(約)直径70mm x 長さ630mm
重さ:(約)560g
電源:単三乾電池2本(3V)
生産国:日本製(Made in Japan)
カラー:ブラック / シャンパンゴールド
  • ミラクルスイング 本体(ブラック)
  • ミラクルスイング 本体(シャンパンゴールド)
  • ミラクルスイング ヘッド(ブラック)
  • ミラクルスイング ヘッド(シャンパンゴールド)
  • ミラクルスイング グリップ(ブラック)
  • ミラクルスイング グリップ(シャンパンゴールド)
  • ミラクルスイング バッテリーケース(ブラック)
  • ミラクルスイング バッテリーケース(シャンパンゴールド)
  • ミラクルスイング ヘッド底部(ブラック)
  • ミラクルスイング ヘッド底部(シャンパンゴールド)
  • ミラクルスイング(ブラック)
  • ミラクルスイング(シャンパンゴールド)

ツアープロが認めるミラクルスイング®の効果

従来の素振り用の短い練習器具だと、短くて重いものを振っている感覚が強いですが、ミラクルスイング®️は先端が振動することでクラブを振っている感覚に近づき、かつヘッドのポジションがわかりやすいです。
そのため、トップでシャフトクロスをする癖があるのですが、ミラクルスイング®️を使えばトップでのシャフトの向きやヘッドのポジションを感じることが出来るので簡単に矯正出来ます。振動が筋肉にも刺激を与えてくれるので、テークバックでも、僕が一番大切にしている「体幹を使って動かす」事を意識しやすく、手を使わずに真っ直ぐテークバックすることが出来ます。

大関ツアープロ

<プロフィール>
大関翔(おおぜき かける)
1987年生まれ
10歳からゴルフを始め、2014年プロデビュー

<主な戦歴>
2013年 埼玉県ゴルフ選手権
     準優勝
2015年 サンクチュアリツアー
     優勝
2016年 PRGR RSCUP
     準優勝
2017年 埼玉ゴルフツアー
     優勝
2017年 神奈川県オープン
     凖優勝

ご購入者様のお声

この練習機は今まで使用した物と明らかに違います。

いままで使用した、ヘッドスピードアップの器具やグリップ矯正機では得られない、フォームの確認作業が可能となります。これまでは、つい手だけでクラブを上げバックスイングをする癖が抜けずに、ヘッドアップやハ ンドダウンでダフることが多々ありました。鏡の前でミラクルスイングを使用し、ゆっくりフォームをチェックし振動により体に覚えさせることで、少しづつ 軸回転が分かるようになってきました。後は、コースで結果を出すだけです。

なかなか100をきれなかったスコアが、Bestの95を出すことができました。

購入してから2週間ほど使用してます。なかなか100をきれなかったスコアが、Bestの95を出すことができました。練習場とは異なる環境でのスイングに安定感が出てきているのかと感じてます。

イメージで滑らかに振れるようになってきた感じがします。

劇的な効果はないのですが、スイングが滑らかにできるようになった気がします。今まで頭で考えてスイングしていました が、イメージで滑らかに振れるようになってきた感じがします。力まないでもスイングスピードは少し上がるかも知れません。

ミート率がアップしショットに安定感が出てきたように思います。

まだ使用期間が短いのでコース上での実感はありませんが、練習場では体の動きとクラブの動きがシンクロするような感覚があり、ミート率がアップしショットに安定感が出てきたように思います。

今までのスイングトレーナーとの違い

①体感感度が向上して体感でスイングが覚えやすくなります。

ミラクルスイングⓇは、微振動を連続的に指先や手のひらに加えることで知覚感度が向上する現象(確率共鳴)に着目し開発されました。知覚感度が向上することによりスイング中の体の動きが体感としてより分かりやすくなります。また、ゴルフスイングはテークバックやフィニッシュのクラブの軌道が視野から外れているため、目ではなく体の感覚で正しい動きを覚える必要があります。体感感度を向上することにより体感で正しいスイングを覚えやすくなります。

確率共鳴イメージ図
②クラブの角度やヘッドの位置が分かりやすくなります。

ミラクルスイングⓇは、ヘッドの振動によりクラブの角度とヘッドの位置が体感しやすくなる効果があります。体感感度を向上させて、スイング中の体の動きとクラブの同期をとりやすくして滑らかなスイングを習得する手助けをします。

③筋肉の緊張を高め、動きを身体に記憶させる効果が高まります。

スロー素振りは通常の(速い)素振りより筋肉の緊張を持続させる必要があるため、動きを身体に記憶させる効果が高いと言われています。さらに、振動刺激を与えると筋肉が反射的に反応して緊張が高まり、動きを記憶させる効果がさらに高まります。このような振動刺激の作用は スポーツ科学やリハビリ医療の分野で応用され、効果が認められています。

レッスンプロが認める振動系スイングトレーナー

私のゴルフ上達法レッスンでは、オリジナルな素振りとゴルフ体操で「ゴルフスイングを脳と体にインプットしましょう」と言い続けていますが、このミラクルスイングは微振動を利用して筋肉に記憶させるという点が画期的で待ち望んでいたスイングトレーナーです。

小林レッスンプロ

<プロフィール>
小林 重己(こばやし しげみ)
日本プロゴルフ協会(PGA)会員
A級ティーチングプロ
2013年PGAティーチングプロアワード功労賞受賞

ミラクルスイング®を用いた効果的な練習方法

Step1からStep4の流れで、スイングの軌道やクラブの角度、そして体幹と末端(手、腕など)の使い方をチェックしながら正しいスイングをします。 鏡などで自分のスイングを確認しながら行ってください。 スピードをあげてもスイングが崩れないようにするためには、ゆっくりと正しいスイングを繰り返すことで動きをからだに記憶させる必要があります。 ミラクルスイング®の微弱振動は、この筋肉の記憶を促す効果があります。 1日10分程度繰り返すことで、正しい動きをからだに記憶させましょう。

Point 1
5〜10秒かけてゆっくりとスイング
Point 2
全身の筋肉の緊張を意識する
Point 3
正しい動きを筋肉に記憶させる
効果的な練習方法
Step 1 Step 2 Step 3 Step 4
グリップを握るとヘッドが振動します。 鏡などでアドレスの姿勢をチェックし、その時の腹筋、背筋、腕、足の筋肉の緊張を意識して感じます。 クラブの振動を感じながらゆっくりテークバックします。トップで止めて筋肉の緊張に神経を集中します。 ゆっくりと振り下ろし、クラブの振動を感じながらインパクトでストップ。ここでもクラブの振動と筋肉の緊張を感じながらインパクトをチェックします。 ゆっくりとスイングしてフィニッシュでストップ。最後もクラブの振動と筋肉の緊張を感じながらフィニッシュの形をチェックします。